最新ブログ更新中!

ブログが移転となりました!


→→最新ブログはこちら  http://www.sugawara4976.com/informtop/

 

main03.jpg

 

 

 

MS法人のご依頼

2015年7月25日(土)

 

有働です。

 

先日、MS法人設立のご依頼を頂きました。

 

MS法人の設立は、主に節税目的であるケースが多いのですが、今回のご依頼は節税目的ではなく、クライアントである医師の先生方の特殊な事情によるものでした。

 

法人設立は、さほど難しくありませんでしたが、今回はMS法人設立の後、さらに「高度管理医療機器等」に関するの業務の許可申請を伴うものでした。

 

事業所の要件などについて、保健所の担当者と打ち合わせを重ね、先日やっと「申請して構わない」との回答を頂くことができました。

 

最初に保健所で許可に関する相談をした際は、「MS法人」ということで、担当者も、かなり不信感をあらわにされていました。 もともと、それも覚悟の上で臨んだため、担当者の懸念をひとつづつ打消して行くことで、人的、物的要件についても、管轄保健所の裁量に係る部分については、譲歩して頂くこともできました。

 

「MS法人」については多くのホームページで記載されているため、ここでの説明は省きますが、この法人の活用法は、実はとても奥が深いと感じます。

 

有働

社会福祉法人の設立認可がおりました

2015年7月19日(日)


有働です。


先週、弊所で担当していた新規社会福祉法人の設立認可がおりました。


NPO法人として、法規定の実績年数を経ての社会福祉法人設立でしたが、事業所数が全部で16箇所という、非常に規模の大きな法人で、資料の作成も非常に大変でした。


社会福祉法人は、認可権限を持つ行政機関の裁量によるところが大きく、設立条件(要件)についての考え方も、自治体によって大きく異なる場合があります。

形式的な要件を充たすだけでは足りず、事業計画などにより、「地域貢献」という、各地域での法人の存在意義を反映させなければ、設立を認められない場合があるのです。


設立後の手続も複雑なため、もうしばらくご担当させていただくこととなりそうですが、今回認可された社会福祉法人は、全体的に若く、底力のある法人なので今後の発展も個人的な楽しみの一つです。


有働

引っ越しました!

2015年6月29日(月)

 

おはようございます。柴本です。

 

突然ですが、このたびハピネス行政書士事務所は引っ越しました!

引っ越し先は、今までの東京メトロ東西線「葛西駅」の隣駅『西葛西』です。

南口より徒歩1分のビル5階です。

 

今までの事務所から随分ひろくなりました。

うれしい事にお客様からお花を送っていただいたので、

事務所に入口がとっても華やかです。

 

新しい事務所で心機一転、今までとおり、お客様目線の細かいサービスはもちろん、

あたらしいことへのチャレンジも忘れずがんばります。


ぜひ皆様一度お越しください。

 

柴本

実地調査

2015年6月9日(火)

 

おはようございます。柴本です。

 

来年4月開校予定の日本語学校の実地調査がすべて終了しました。

すべての学校において無事問題なく終了して本当によかったです。

今回わたしたちが立ち会いをしたのは、一部の学校さんのみですが

やはり例年の実地調査に比べて、少しずつ質問内容が細かくなってきています。

 

特に留学生のアルバイトについてや、学校のまわりの環境に関して。

特に勉強に専念するという点では、周りの環境について

弊所では学校法人の要件をふまえ、物件のアドバイスを差し上げておりますが

今後の動向も含め、入念な施設の事前確認が必要になってくると思います。

 

許認可や設立について重要なヒト・モノ・オカネの各基準をクリアしているかどうか、

これを見誤らないことが一番重要です。

 

あやふやなまま投資をして準備してきたけど、審査が通らなかった!なんて事態を避けるためにも

ぜひ弊所に一度ご相談ください。

 

柴本

医療法人設立 本申請

2015年6月8日(月)


有働です。


医療法人設立も山場に差し掛かってきました。

東京都では、補正も終わり本申請の手配が始まりました。

幸いなことに、弊所で担当している医療機関には前回以降の追加補正は無く、

いの外、スムーズに進んでいます。


「今年は、割と楽かな・・・」 と思ったのもつかの間、他の医療機関の予備審査の

書類をチェックしていたところ、提出直前にして、割と重要な問題点を発見してしま

いました。

 

むしろ、提出前でよかったというべきかもしれません。

企業法務の仕事にも言えることですが、本当に登記というのは油断できません。

 

有働

開校の延期

2015年6月1日(月)

 

おはようございます。柴本です。

 

今日から6月です。

このところ地震や火山の噴火など自然の脅威を感じずにはいられないニュースが

相次いでいます。

何かあったときのため、自宅だけではなく、勤務先での備えを再確認しないといけないですね。

 

さて、本日は開校の延期についてです。

日本語学校の開校がきまったものの、実際の生徒の募集や受け入れには

初めてでなかなかスムーズに進まないお客さまも多いのではないでしょうか。

生徒の募集は学校運営のなかでももっとも重要な部分。

勉強熱心なのはもちろん日本で生活するにふさわしい人物であるかなど

チェックには時間も注意も必要です。

 

こういった中、あいにく開校には生徒の募集が間に合わず、

開校時期を半年後へ延期することはできるのでしょうか。

 

日本語学校の入学時期は4月10月と年2回です。

したがって半年後へ延期ということも可能です。

ただし、延期後の開校時に設立申請時の内容から変更が生じている場合

あらためて申請が必要になる可能性があります。

つまり、教師やカリキュラム等準備中にかわったのであれば

その内容で再度書類審査、実地調査、文科省面談を受けよということです。

当然申請時期は延期する開校時点の1年前。

 

できる限り延期はせずに、入学人数がすくなくても開校することをおすすめします。

 

柴本

「乃至(ないし)について」

2015年5月29日(金)


有働です。


先日、クライアント企業の法務の仕事で、契約書のチェックを行っていた際、「なお、○○項 乃至 ○○項の規定は…」という条項を目しました。
この『乃至(ないし)』、通常ですと「AないしB」という場合には、「A又は(or)B」と同じ意味で使用される事と思います。


しかし、法律における「乃至」は、意味が大きく異なります。法律上の「A乃至B」は、「AからBに至るまで」という一定の「幅」を表したい場合に用いるのです。

この違いは、場合によっては大きな誤解やトラブルのもととなる危険性を含んでいます。 そのため最近では、法令や契約書においても、「乃至」を避け、「○○項 から ○○項まで」との表記を用いることが望ましいとされるようになりました。

そもそも法律独特の言い回しは、長い語句や用語を簡潔に言い表すためのものが多いのですが、専門知識の無い方が読んで誤解を招くようでは、本末転倒といえます。 

これは歓迎すべき変化と言えそうです。


有働

実地調査がはじまりました

2015年5月25日(月)

 

こんにちは。柴本です。

 

先週から来年4月の開校予定の日本語学校の実地調査がはじまりました。

 

従来は実地調査にかかる時間は約30分。長くても1時間程度でしたが、

今回は2時間という学校さんも。

 

きくところによると、建物内の部屋全ての面積測定をおこなったことによって

かなりの時間が費やされたそうです。

いままでは、使用予定の教室のみの測定でしたので、

今年からは測定箇所がふえることになったのかもしれません。

 

部屋全ての測定?!と不安になるかたもいらっしゃるかもしれませんが

心配はご不要です。

 

そもそも教室の面積を計測するのは、広さに応じて収容できる生徒数が決まるからです。

当然生徒数は、学校入学数と結びつきますから、

入管側としては入学生徒数が申請内容通りで問題ないかどうかを改めて実地調査で測定することで

確認するわけです。

 

したがって、教室面積が申請内容よりも狭く、生徒が収容できない!といった状態は

なにがなんでも避けなければいけませんが、

教室以外での測定面積が申請上とはずれていても

設立事態に影響を及ぼすような大問題とはなりません。

 

とはいえ、書類提出時の形式的審査の際にも感じましたが、

年々審査内容が細かくなっている気がします。

 

弊所では入管へ審査権限が以降して以来、毎回とぎれることなくご依頼をうけております。

ぜひ一度ご相談ください。

 

柴本

東京都の医療法人設立申請、補正の完了

2015年5月21日(木)


有働です。

 

東京都の医療法人設立申請は、昨日補正資料の提出が完了しました。

 

私の担当している医療機関は、医師の先生はもちろん、税理士先生のご協力もあり、比較的軽微な補正で済みました。

これで補正が完了であれば、本申請は7月となるため、6月中はゆとりをもって準備を進められるのですが、都からの補正依頼書には、「追加補正の可能性もある」と、しっかり明記してあるため気は抜けません。

 

これが終われば、各書類の押印の手配に入り、次は埼玉県の設立申請となります。

 

有働