日本語学校設立のポイント

1月21日(木)

 

日本語学校を作ろう! (財)日本語教育振興協会の認定を受けよう!

と思った時、まずポイントとなるのは「校舎」と「主任教員」です。

 

校舎については、「自己所有であること」が求められます。

基本、賃貸借ではNGなのです。(一応、例外もあるにはあります)

そして主任教員となるには、条件として

常勤の日本語教員または日本語研究者として3年以上の経験」が求められ、

この要件を満たす先生を専任で雇う必要があります。

(他の学校と掛け持ちはできません)

 

この2つをまずクリアするのがなかなか大変なのですが、

クリアしないと認定は降りませんので…

日本語学校を作ろうという場合は、

まずこの2つの要件を満たすところから始めてみて下さいね。

 

と言っても、この要件2つをクリアしても、もちろんまだあります。

(財産に関する要件などもなかな厳しいです)

詳しくは当ホームページの『日振協へ加入 日本語学校』をご覧下さい。

http://sugawara-houjin.blogdehp.ne.jp/category/1355576.html

 

by Yamamoto