日本語学校 もう少し!?

12月16日(水)

 

ホームページには担当として顔を載せていながら、

これまでこちらの業務日誌には顔を出さなかった山本です(笑)。

 

実はこのところ、9月に申請書を提出した日本語学校の

補正書類を作成していまして、ようやく提出し終わりました!

(何もしていなかった訳ではないんですよ!)

 

日本語学校を設立するには、

『(財)日本語教育振興協会』というところから認可を受け、

その上で就学生・留学生の入国査証指定校になる必要があります。

 

この略して『(財)日振協』への申請、実はかなり長い道程なのです。

詳しいことは当ホームページの「日振協へ入会 日本語学校」

という箇所をご覧下さいね。

 

申請書も添付書類と併せると、「これ辞書ですか?たらーっ(汗)

みたいな厚さになります。

けれど、その書類も補正書類を提出し終わり、あとは来週の『実地審査』です!!

 

これはその名の通り、(財)日振協の方々が学校予定地を訪問し、

直接審査をする訳です。

この時点では学校は工事も終わり、備品の搬入なども終わっていなくてはなりません。

学校関係者にとっては緊張のひとときだと思われます。

 

けれどもそこを無事パスすれば、晴れて日振協からの認可が下りますぴかぴか(新しい)

つまりは「最後の関門」なわけです。

残念ながら私は立ち会うことができませんが、

無事通るよう、遠くから念だけでも送っていようと思います手(パー)ー(長音記号1)

 

by Yamamoto