幼稚園 第3弾(幼稚園設置への道のり)

12月14日(月)

 

新たに幼稚園を設立するのは難しいですが、

「すでに個人経営されている方が、学校法人にするのは、比較的 認められやすい」

というお話を (第2弾) で書きましたが、

では、具体的にどのようにすればよいの ??? .....      となります。

ざっくりですが、

 1.寄付行為

  個人財産となっているもの、例えは、 園地 ・ 園舎 ・ 送迎用バス ・ 図書.....

   たくさんあります。 これらを 学校法人に 寄付 (名義を学校法人にする) する必要

  があります。

  基本財産は、すべて学校法人の所有とし、借用することはできません。

  要件は、他にもありますが... 

   詳しくは、幼稚園等学校法人の設立の要件 をご覧ください。

 

  ここで注意ひらめき

  Point 1  園地が、個人所有なのか? 借地なのか? 

        → 基本的には、個人所有でなければいけません。

          ただし、国や地方公共団体などの公有地で法人の所有が困難な場合などは

          認められる場合もあります。

  Point 2  一度 寄付 したものは、もう個人所有に戻せない と、いう事です。 

              → 100% 戻せない。

          と、いうことではありませんが、ムリ と思っていただいた方が良いでしょう。

 

 2. 申請する所轄の 設置審査基準 をクリアーしているか確認し、事業計画を立てます。

 3. 役員および評議員を決め、議会を開き、決議をもらいます。

 4. 申請に必要な書類(添付書類)を集めます。

  → これが大変です。結構あります。

 5. 設置事業計画書を、所轄の学事課などに提出します。

  次に、私立学校審議会 の審議を受けます。

   → ここで認められなかったら開園できませんがく〜(落胆した顔) 

 

 6. 事業計画が承認されたら、やっと 「設置認可申請書」   を提出できます。

  7. これらの書類を元に 私立学校審議会 の審議を受け、承認されれば、

 

やっと、やっと、 認可!!! ぴかぴか(新しい)  園児募集 →  開園  と、続きます。

間もなくゴール!

 

ですが、
認可された後でも、やらなくてはいけない事がたくさんあります。

まずは、設置に関しては、認可されたということです。


都道府県によっても設置基準は異なる場合がありますので、

専門家にご相談されるのが一番、一番、近道です。

 


by azuma