日本語学校 生活指導

2013年1月23日(水)

 

おはようございます。柴本です。

 

早速ですが、生活指導担当と聞くと

みなさんはどんなイメージをされますか。

わたしは、テレビの影響か、

毎朝校門の前に立つ厳しい先生を想像してしまいます。

 

日本語学校の設立の際にも、生活指導担当者が必要です。

といっても先生である必要はなく、

常勤の事務職員が兼任することができます。

 

そもそも、日本語学校の生活指導担当は

生徒の生活指導および進路指導に関する知識を有し

一定の欠格事由に該当しないものという基準があります。

この基準をみたして入れば、先生でなくてもよいのです。

 

母国を出てから日本へ日本語を学びにくる学生にとって

慣れない環境での生活で戸惑うことがあると思います。

そんな時に、生活指導担当者のサポートは欠かせないものとなるはずです。

 

柴本