医療法人の事業報告

2011年12月5日

 

さて、本日は医療法人の事業報告のお話です。

 

医療法人を設立しますと、個人のときには必要のなかった手続きが増えることになりますのが、何といってもその代表格が”事業報告書等届”になります。

 

この届けは1年に1度、決算日を迎えてから3月以内に管轄の行政に提出しなければいけません。

(管轄によって窓口は異なります)



この事業報告を提出するためには、法人の確定申告が完了して、定時社員総会を開いて、監事の監査を受ける必要があるためなかなか時間がかかります。

 

ただでさえ忙しい決算期前後ですので、事前にしっかりと予定を立てて取り組んで頂ければと思います。



もちろん、行政書士が代行することも可能ですので、忙しくて手続きがとても間に合わない!というようなとどには是非ご相談下さい。

 

最近決算書の数字が好きになってきた私、喜んでご相談を受けさせていただきます♪