社会福祉法人の定款変更認可(社会福祉法人は福祉事業の花形です)

社会福祉法人は地域コミニュティーを実現できます!

  • 高齢者専用賃貸住宅事業の立ち上げ
  • 区市町村立「保育園」の民間移行手続き
  • 特別養護老人ホーム(特養)の立ち上げ
  • 認可保育園の立ち上げを

     積極的に支援しています

社会福祉法人が行うことのできる社会福祉事業は、第1種社会福祉事業第2種社会福祉事業に限られています。

しかし、その範囲は広く、 @保育、A高齢者、B障害者等に対する福祉をほとんどカバーしております。


社会福祉法人は、事業計画案により、児童と高齢者の、あるいは、市民と障害者の交流を高め、地域のコミニュティーの活性化に寄与することが出来ます。

最近では高齢者専用賃貸住宅事業が社会福祉法人にも開放され、また、区市町村立の「保育園」が社会福祉法人に民間移行する形態も頻繁に行なわれています。
さらに、特別養護老人ホーム経営の事業者が保育園を経営するということも行なわれています。

社会福祉法人は、税制面の優遇措置を受けていることと相まって、福祉事業の花形的地位になりつつあります。


≪社会福祉法人は税制面で優遇されています≫

  1. 法人税、法人事業税、法人市民税、不動産取得税は非課税です。
  2. 消費税、固定資産税は原則として非課税です。