医療法人 過去の実績

おはようございます、今井です。

ご訪問いただきありがとうございます。

本日は医療法人の設立時の要件の一つである、

「過去の実績」についてのお話です♪



医療法人の設立をしようとする際には、一つの目安として

”現在の診療所での実績が2年以上”というものがあります。

 

というのも、その診療所での実績が2年以上あれば、

ある程度収入等の予想がたちますし、患者様が既に診療所についているため、

法人化を行ってもその経営の安定が保証されます。



なお、別の診療所にての実績があり、今回の法人化にあたり移転します、

というようなケースは基本的に実績として認められなくなってしまいます。(例外有)

あくまで場とお医者様が一致している必要があるのです。

 

医療法人を設立する際には、継続的に経営していくことが出来るかどうか?

という点が非常に重要になってくるため、そういった点に重きが置かれているのです。



では、実績はないが医療法人を設立したいという場合にはどのようにすれば良いのでしょうか?

 

東京都での申請についてはお金で解決をすることが可能です。

予算書等きちんとしたものを組んだ上で、収入が無くとも必要経費を賄える程度の資金を出すことが出来るのであれば、いきなり法人を設立することが可能なのです。



その他の地域についてはまちまちですが、原則として1年以上の実績はどこでも求められます。



しかし、実績1年以上無いと絶対にダメ!というわけでない地域も多いですので、一度審査担当にご相談してみることをお勧めいたします。

 

担当が不明であったり、聴き方が判らない場合には是非一度ご相談下さい。