化粧品の表示・広告 校正作業

2011年9月20日(火)

本日は、先週末よりご依頼いただいている化粧品の広告・表示の校正作業を進めました。

化粧品は、法的に認められている範囲を超えた効果効能を広告等で謳うことはできません。

ガイドラインを参考にしながら、

それぞれの表現が薬事法から見て適切かどうかをチェックしていきます。

 

基本的なルールから見て適否がすぐに判断できるものもある一方、

微妙なラインのものもちらほらと。

 

効果的な広告と適正な広告。

両者のせめぎあいはまさに「葛藤」です。

 

野中