日本語学校の設立

平成22年9月30日

 

猛暑が続いていた9月前半でしたが、

明日から10月、しっとりする秋雨が降り、

街はすっかり秋らしい風情に変わり始めています。

さて、

本来なら23年度10月開校の日本語学校の設立で忙しい時期ですが、

今年は民主党の事業仕分けにより、

日本語学校設立認定機関の「日振協」が廃止の方向で処理されました。

そのため、

毎月のように行われていた説明会すら

実施されていない状態です。

 しかし、

日本の円高にもかかわらず、

日系中国人からの問合せが頻繁にあります。

日本語学校設立のうま味ってなんだろー?

・・・・と思わせるほど根強い需要があります。

だが、

残念ながら、

新規設立はお預け状態なんです。

 

手続き的には、

平成24年度4月の開校に間に合わせるには、

平成23年(来年)2月末日までの申請締め切り期間に提出できるよう、

申請書類を準備しておく必要がありますので、

そろそろ準備が必要です。

@土地建物の帰属関係、

A主任教師の手配、

B4000万円程度の運用資金等を事前に揃えて

行政書士法人菅原事務所にぜひ相談下さい。

用意周到な方は準備を始めていますよ。

 無料相談を受付中です。 

                所長  菅原賢司