営利と非営利

2010/6/28(月)

 

どうも今井です!

 

さて、本日はNPO法人についてお話させていただこうかと思います。

 

NPO法人とは民間人に公衆的な事業を行わせることを目的にしています。

 

 

そのため、NPO法人を設立する際には

 

不特定多数の利益を実現する目的

 

において設立することが求められています。

 

それと共に、営利目的でないことも求められます。

 

 

さて、ここで言う営利目的。

 

法人が収入を得る活動をしてはいけない、というわけではないのです!

 

法人が解散した際に残余財産を投資家に分けたり、

 

営業年度終了時に出ていた利益を分配するか、法人の財産として繰り越すかの決定権が投資家にある場合が営利目的なのです。

 

 

逆に、非営利目的というのは、法人が解散した際の残余財産は他の非営利法人に帰属、

 

もしくは国に帰属することになります。

 

また、営業年度終了時に出ていた財産については、

 

全て法人財産になります。(強制です)

 

ただし、法人としての収益行為は可能なのです

 

 

NPO法人すると、免税の対象になる半面、

 

法人財産についての縛りは生じるのです。

 

 

それでもNPO法人のメリットは大きいものなので、

 

そのメリットについても話していけたらと思います。

 

by Imai