「問題がない」会社は危険ゾーン

6月15日

 こんにちは、菅原尚範です。

 仕事をしていれば、毎日のように大小さまざまな問題が発生します。

逆に、「何も問題が起こらない会社や職場」というのは、きわめて危険な

 状態にあると思ったほうがはずです。

なぜなら、それは真の意味で問題がないわけではなく、

水面下に潜む問題に気付いていないか、問題が発生しているのに

まともに取り組もうとせず場当たり的な対処でその場をやり過ごしているか、

あるいは、流されて仕事をしているので

最初から問題意識そのものがないかのいずれかだからです。

いずれにせよ、望ましい状態ではないのは間違いありません。

もっとよくなりたい、現実に満足せず、今より上を目指したいという

目標や理想を持って働いているならば、

問題があって然るべきものなのです。

 

「問題を見つけ問題を作りだせ、問題がなくなったとき組織は死滅する」

元経団連会長 土光敏夫氏