日振協の事業仕分け

5月25日(火) 

 

先日より気にしていた昨日の公共法人の事業仕分け


そう、昨日は、この業務日誌にも何度か登場している

日本語教育振興協会』(以下日振協)が

事業仕分けの対象となる日だったのです!!


この日振協は、日本語学校を設立して海外から学生を受け入れようと思ったら

加入しなければならない財団法人です。

なぜならここの認定校とならなければ、

学生が日本に来るためのビザの審査の対象とならないからです


そんな日振協、事前調査の段階でも厳しく評されていて、

果たしてどのように仕分けをされるのか、 かなり興味を持って待っておりました。



とは言え、日振協の仕分けが始まるのは午前11:30から。

平日なので、日中は通常の業務があります。

お昼ごはんを食べながら、仕分けの最後のあたりだけ

ユーストリームのライブ中継で観ることができました。

 

仕分け人からは、様々な厳しい批判が相次ぎます。

私もこれまで知らなかった日振協の実態が垣間見えてきて、 色んな意味で、衝撃でしたダッシュ(走り出すさま)

 

そして仕分けの結果は、なんと、廃止

「法的により明確な制度に改める」のだそうです。


制度が見直されるのは良いことだとは思いますが、

今後日本語学校の設立はどうなるんだろう?

というのがとても、気になるところです。

今の審査制度は、加入する(あるいはしている)日本語学校に

負担が大きい部分がかなりあるので、

そういうことも改善されるといいなあ、と思います。


これがただの民主党の票集めのパフォーマンスで終わらぬよう、

今後の見直しをしっかりと行っていって欲しいものです。

そして、その推移をしっかりと見守っていきたいと思います。

 

by Yamamoto