法人の目的

5月19日(水)

 

法人設立時に決める事項として、その法人の目的があります。

何がやりたくて会社を作るのか、何をやるNPOを作るのか、記載します。

 

株式会社の目的にはいろんなことを盛り込んで、

将来的にこんなのもやりたい!みたいな考えがあればそれを書いておけます。

目的の変更は、株主総会を開く手間があったり、

その他さまざまな手数料が発生するので大変ですふらふら

大きな会社で臨時株主総会を開くなんて大事ですよね。

そこで、通常の株式会社では、たくさん入れておくことをオススメします!

しかし、医療法人場合は、現実に始めることしか書けません。

例えばいづれ介護分野にも進出する予定であっても、

設立時には始めないのであれば介護を目的に入れてはいけません。

 

目的は商業登記に記載されますので、登記簿謄本を見れば、その会社の目的がわかります。

そして会社は目的の範囲内のことしかできません。

例えば「不動産売買やりたい」とご依頼があっても、

法人目的に「飲食店経営」としか書いてなかったらダメなんです。

建設業とその付帯業務、という目的で電気工事業の登録はできるのか、

などなど微妙な判断もあります。

 

この会社の目的はなんて書いてあるんだろう、

そんな視点で街を歩くのも新鮮でいいですね!

 

by Tsukuda