日本語学校の申請取次

2月3日(水)

日本語学校は生徒さんが外国人(留学生)です。

すでに日本にいる外国人を生徒として募集するというよりは、中国や韓国などで生徒を募集して日本に来てもらう!という手続きを必要とします。

この日本に「留学生」として呼ぶための手続きは「在留資格認定証明書交付申請」といいます。

この手続きを経て、留学生は日本に来ることができるのです!!

しかし、ビザには期限があります。

・ビザの更新の手続き

・アルバイト許可の手続き

・退学者の報告など

入管に手続きする事がたくさんあります。

日本語学校を卒業した後、進学ではなく就職を目指す生徒さんに対しては、就労ビザへの変更のための相談に乗るかもしれません。

日本語学校をするためには、入管法の知識も必要となるのです。

この留学ビザも今年の7月に大きく変わろうとしております。

まだまだ詳細についは、内部で検討中・・・との事なので取扱いの詳しい事は分かりません。

今現在日振協への申請を準備しているお客様も、やはりビザの事が気になるようで(当たり前です)質問されます!!

そういう時もきちんと対応できるチームワークで今日も仕事をがんばりましたぴかぴか(新しい)

by sueyoshi