認定こども園のメリット

12月10日(木)

 

認定こども園の手続きについて書いていますが、

なぜ、わざわざ認定こども園を作るの?と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今日は、子育てをとりまく環境の問題点と対比させながら、

認定こども園のメリットについてお話してみたいと思います。

 

問題点もうやだ〜(悲しい顔)

1.今までは保護者が働いていれば保育所、働いていなければ幼稚園というように、

  保護者の就労の有無によって利用施設が限定されていた

2.少子化の進行により集団活動や異年齢交流の機会が減少

3.核家族化に伴い、子育てに不安や負担を感じる保護者が増えたが、

  地域の子育て支援が不足

4.保育所に入れない待機児童が増加

  

そこで、幼稚園と保育所の良いところを活かしつつ、両方の機能を果たすことが出来る施設

として登場したのがぴかぴか(新しい)認定こども園ぴかぴか(新しい)なのです。

 

メリットわーい(嬉しい顔)

1.保護者の就労の有無に関わらず0歳〜就学前のすべての子どもが利用可能に

2.適切な規模の子ども集団を保ち、すこやかな育ちを支援

3.子どもが通園していなくても、育児相談をはじめとした子育て支援が受けられる

4.既存の幼稚園施設を活用することにより、待機児童が解消

 

東京都のHPを見たら、9月1日現在で34の認定こども園がありました。

今後、増え続けていくといいですねグッド(上向き矢印)

 

by Yoshino