社会福祉法人設立 手続きの流れ

 

  手続きの流れ 備 考
ハピネス行政書士事務所と事前打合せ

施設、資金計画、段取り、

スケジュール等打合せ

管轄庁部署に事前相談・協議  
社会福祉法人設立認可申請書の作成・提出  
役所側の現地調査・部会調査・部会審議・本審議・答申  
社会福祉法人として「認可証の」交付  
社会福祉法人建物・施設の工事着手  
役所の社会福祉法人建物・施設の中間検査、完了検査  

社会福祉法人「設立」登記、社会福祉法人への「寄附」による

土地建物移転登記

 
就業・組織・経理関係規定等、諸書類の届出  

        ☆設立までの期間

         既存施設の場合・・・約1年から

         建物新設の場合・・・約2年

 

1 所轄庁について

 (1)都道府県知事(政令都市・中核都市の場合は市長)

 (2)施設が2以上の都道府県にまたがる場合は、厚生労働大臣

 

2  事前相談について

社会福祉事業は高度の公共性を有し、

助成金等の補助を受け又は非課税免除のケースが多いので、

現地の市町村役場の「下記関係部署」への事前相談が必須です。

 

相談の準備

社会福祉事業施設の設置計画書、

@事業の内容

A場所・規模

B開始時期

C資金力等が分かる資料 

 さらに、建築図面や市2年間程度の資金計画書を作成し、

 具体的な資料等を提示して、相談に伺うことが必要です。

 

相談先

生活保護関係 ・・・・ 生活支援課            

保育所関係 ・・・・  保育課

高齢者福祉関係 ・・・・  高齢者福祉

課障害福祉関係 ・・・・ 障害福祉課

児童福祉/母子寡婦福祉関係(保育所を除く。)・・・・ 児童家庭課等