医療法人設立 20数年の実績で誠心誠意サポート!

医療保険制度の見直し、新薬の承認、


  TPPの参加、自由診療、高齢医療等医療

を取り巻く環境は急変し、診療と経営のバランスが必須のテーマになっております。
 
医療法人は、平成18年の改正により

 

•会計書類が一般閲覧の対象になり、

•新たに基金制度が導入され

•剰余金制限が行なわれました。

コンプライアンスや財務の健全化の考え方を浸透させる流れとなっています。
個人開業か、法人開業かのどちらにするかは、
お医者様にとって悩みの尽きないところですが、

 

設立をお考えの場合は、法人経営と個人経営の

メリットとデメリットとの考量、医療法人附帯業務の有効利用、

さらにMS法人の活用を視野に入れて判断することになります

 

  MS法人について        ⇒ 詳細はこちらへ

  医療法人附帯業務について  ⇒ 詳細はこちらへ

  

ハピネス行政書士事務所は、事前に税理士と協力して、適切な処方箋を提案いたします。