《重要》受付締め切り期限が変更

2014年12月16日(火)

 

おはようございます。柴本です。

 

早速ですが、見出しの件について。

《《日本語学校に関する書類提出の締め切り期限が来年から変更されます!》》

 

昨日、東京入国管理局の留学審査部門の方から連絡を頂きました。

書類の受付期限が今までよりも1ヵ月早まることに!!

従って、受付締め切り期限は以下の通りです。

 

4月開校の日本語学校の場合

開校予定日の1年前の4月末日まで→→3月末日までに変更

10月開校の日本語学校の場合

開校予定日の1年前の10月末日まで→→9月末日までに変更

 

今年の申請学校数が前回よりも大幅に増え、

現状の機関では処理が追いつかなくなったことが原因のようです。

 

1ヵ月早まることで、今まで以上に締め切り間際に書類を提出する、

いわゆる「かけこみ申請」が増えそうですが、

これについても、今までとは違って「受け付けない場合があるかも」とのことです。

 

平成28年4月開校をお考えの方は特にご注意ください!

年明けの1月から、設立に向けて動き出さないと

平成27年3月末までの提出期限に間に合いません!

 

早め早めに、御相談ください。

 

柴本

実地調査終了

2014年12月15日(月)

 

こんにちは。柴本です。

 

ようやくすべての学校さんの実地調査が終了しました!

細かい指摘が数点入ったものの、大事には至らずほっとしてます。

今回の調査によって担当官のかたによって、

細かい点をどう捉えるかなどの違いがわかりとても勉強になりました。

また、今まで数名の入国管理局の担当官やりとりしてきたのですが、

実地調査ではじめてお会いする方もいて、一体何人の担当官がいるのだろうと驚きました!

 

これから審査は入国管理局から文部科学省へと移ります。

本日、入国管理局からも改めて差替書類の提出が今後は出来ない旨の連絡がありました。

また、今後の日本語学校の申請時期変更についても連絡が!

これについては、また次回にお知らせします。

 

柴本

ヒアリング

2014年12月8日(月)

 

こんにちは。柴本です。

 

日本語学校の実地調査も順調に進み、

弊所では残すところあと2校のお客様のみとなりました。

 

両校とも今週中には実施される予定です。

無事終了したあとは、来年に予定される文科省のヒアリング対策を学校さんと進めます。

 

このヒアリングですが、残念ながら実地調査とな違い、

行政書士は出席することが出来ません。

従って、私どもも実際に体験したことはないのですが、

いままで弊所をご利用頂いたお客様には、

ヒアリング内容の聞き取りを随時させて頂いております。

そういった過去の体験談をまとめたうえで、

集中的に質問が及ぶと予想される事項をしぼって対策をたてております。

 

文科省のヒアリング対策のみのご依頼もお受けしておりますので、

不安な方はぜひ一度御相談ください。

 

柴本

保健所の原本証明

2014年12月5日(金)


有働です

先週に引き続き、医療法人の診療所開設の手続きについてのお話です。

今週は、保健所の手続きについてお話しさせて頂きます。

保健所は厚生局以上に、各管轄ごとの提出物、手続きの流れに差があります。
その1つが医師免許証、あるいは診療所の賃貸借契約書の写しを提出する際の原本証明です。

・「原本に相違ありません」と記載し押印するケース

・原本自体を持参し原本照合のみを行うケース

・上記双方が求められるケース
と、同じ書類であっても提出方法に差があるため、注意が必要です。

保健所についてのみならず、あらゆる手続きにおいて言える事ですが、提出先への事前確認は不可欠です。

 

有働

はじまりました

2014年12月1日(月)

 

おはようございます。柴本です。

 

今日から12月です。

時間が流れるのは本当にはやいですね。

インフルエンザが流行っていますが、今年も残るところあと1ヵ月、

元気にがんばりましょう。

 

さて、日本語学校の実地調査が続々と始まってます。

先週だけで2校の学校さんに担当官がいらっしゃいました。

 

調査内容は予想されていたよりも、簡略化・リスト化されていました。

そのため、所要時間も40分から1時間程度ですみました。

イレギュラーな質問等はなく、準備していた通りに進み滞り無く終了し、ほっとしています。

 

次はいよいよ文科省実施のヒアリングです。

早ければ12月下旬にも日程調整の連絡がはいるのではと思っております。

 

今後の流れについては、また順次ご説明していきます。

 

柴本

 

委任状

2014年11月26日(水)


有働です


医療法人設立認可後は、保健所、厚生局の手続きになりますが、設立申請のケースと同じ

く、管轄の保健所、厚生局により、提出時期や提出書類の要否にかなり大きな差があります。


特に厚生局については、同じ"関東信越厚生局"の地方事務所なので、似たようなものかと

思ったら大間違い。委任状の要・不要、免許証の「写し」提出の際の原本証明の要否など、

かなり重要な部分ですら大きな違いがあります。


委任状が必要なのに、委任状なしで代理で提出に行った場合は、何も出来ずに引き返す

羽目になりますので、経験者であっても事前にきちんと確認しておく事が大切です。


有働


実地調査

2014年11月25日(火)

 

こんにちは。柴本です。

 

いよいよ実地調査がはじまります。

申請されているお客様にとっては、初めての経験で不安のかたも多いと思います。

特に日振協から入管へと窓口が移行して、まだまだ日も浅く

その調査内容については不確定な部分も多く見られます。

 

そんななか、重要なのは2つ。

1つは、以前にも書きましたが、申請書との実態の合致。

学校としての体制が整っているかです。

もうひとつは、生徒の管理体制。

実際に生徒が入学した後、しっかりとした管理が学校としてできるのか。

この2点を中心に、具体的な質問があることが予想されます。

 

弊所では、入管への移行後も、定期的に毎回ご依頼を頂いております。

その経験をふまえてお客様に出来る限り具体的なアドバイスをおこないます。

今後に控えるヒアリング対策もふまえ、ぜひ一度御相談ください。

 

 

 

日本語学校の実地調査、日程続々決まる

2014年11月19日(水)


有働です
下記にもありますが、今回申請した日本語学校の実地調査の日程が徐々に決まってきました。

開校の1年前の時点で、校舎の内装、設備などをほぼ完全な状態に整えておかなければならず、これは申請者の側から見れば、資金面での負担となっています。こうした意味からも申請者の方にはある程度の体力、すなわち、資金力が求められます。


さらに、この実地調査が認可に占めるウエイトは非常に大きく、実地調査時に指摘された不備が原因で設立が認められないケースも多くあります。大変な思いをして来日し、日本語学校に入学する学生達が勉学に専念できる環境かが審査されるわけですので、ある意味では当然のことかもしれません。


図書室の蔵書は、申請時に提出した蔵書リストと一致しているかというような細かな点から、下記のような、各教室の面積の測定に至るまで、多くの審査項目があります。書類を受理して頂き、やっとの思いで全ての補正点をクリアしても、一息入れている余裕はないようです。


クライアントである申請者の方も、我々も、もうひと踏ん張りです。 


有働





教室面積

2014年11月18日(火)

 

おはようございます。柴本です。

 

実地調査について、もう少し内容をお話します。

まず、調査の希望日や時間帯については、学校側の事情がある程度考慮されます。

入管側が一方的に日時指定をしてくるわけではありませんので

ご安心ください。

 

当日は、担当官が2名やってきます。

必ずしも提出書類をチェックしていた担当官と同じ方とは限りません。

どなたがいらっしゃるかは同日までわかりません。

 

主な調査事項として、建物の調査があります。

提出書類につけた校舎の図面と異なる点はないか、学校運営に適しているかをチェックします。

特に教室の面積は、実際に内のりを測定することで、

収容人数に問題がないかを含め確認するわけです。

 

教室においては生徒一人当たり1.5u必要です。

内のり面積÷1クラスの人数が1.5を下回っていると、

定員数を変更することになってしまいます。

 

実際、調査で測定してみたら、

図面では確認できなかった柱があって内のり面積が狭くなったというケースも。

この場合は、幸い定員数を少なく設定していたので、変更までには至りませんでした。

 

書類作成中は、内装工事を行う関係上、実際の測定が難しいこともあります。

工事終了後は、一度測定をしてみてください。

 

柴本

実地調査

2014年11月17日(月)

 

こんにちは。柴本です。

 

日本語学校の実地調査の日程が決まりました!

前回も少し書きましたが、今年は例年よりも早めの実地となりそうです。

 

弊所のお客様は11月終わりにかけて集中しています。

 

実地調査が決まると、お客様から

最寄り駅から学校までが通りけれども、駅まで迎えに行かなくて大丈夫?

という問い合せを毎年いただきます。

駅から遠くても、送り迎えは不要です。

 

実地調査の目的は多々ありますが、

ひとつは申請書類と合致しているかの確認です。

担当官は、提出書類の一部である「日本語学校までの略図」をもとに

学校まで車を使わずにきます。

そうすることで、略図記載内容のチェックも兼ねるのです。

 

柴本