目的の決め方

3月10日(水)

会社を設立する時に、目的を決めます。

「会社の事業としてこういう事をやりたいんだ!!」という気持ちが表れる所です。

目的は実際にすぐにやらなくても、将来的にやりそうな事を入れてもOKです。

この目的は、ちゃんと考えないと後から「しまった、、、」という事になりやすい所です。

 

しまった、、、ベスト1

 

許認可の申請をする時に、許認可に必要な目的が入っておらず後から追加することになってしまった。

後から追加するとお金と時間がかかります。

 

しまった、、、とならないように、お客様気持ちを汲み取りながら、今後の事も考えた目的作りをしていきたいと思います!!

明日も定款作成のご相談がありますので、念入りにやりたいと思います!!

by sueyoshi

日本語学校は込み入ってます

3月4日(木)

 

先日無事にレポートをクリアした日本語学校ですが、

これから作る申請書、用意する書類、がたくさんあります。

日本語学校の場合、どうしても学校設立の当事者の方に動いていただく部分が多くなります。

(医療法人や学校法人などもそうですが)

 

菅原事務所の方から学校関係の担当の方に、コレとコレとコレを用意して下さい!

とお願いをたくさんします。

教員として採用される方について必要な書類、学校設立をする会社について必要な書類・・・

学校を作るというのがいかに責任を伴うものか、ということをしみじみ実感します。

ある意味、生徒さんの人生の一部を担う訳ですから、当然なのでしょうね。

 

申請書を作る際や書類を用意する際には、気を付けなければならないことが

事細か〜く、かつたっくさんあります。

けれどその一つ一つについて逐一説明してくれる訳ではないので、

行政書士などの手を借りずに初めて申請しようとする場合、そこまで気が回らないのでは??

と正直思ったりします。

 

例えば。

学校には、生活指導担当者を置かなくてはなりません。

その生活指導担当者については、

『生活指導担当者は、生徒の生活指導及び進路指導に関する知識を有すると共に、12に規定する校長・教員の欠格自由の各号に該当しない者であるものとする。』

と日振協の基準に定められています。

これだけだとわかりにくいですが、つまり、生活指導担当者には先生以外がなっても良いのです。

それは事務員さんや、会社の役員さんなんかでもOKです。

ただし、『常勤』である必要があります。

そして、その人について履歴書が必要で、さらに場合によっては常勤の証明のため、

社会保険証の写しの提出を求められたりします。

 

こういった込み入ったことをイキナリ理解して準備するのはかなり大変だと思います。

それこそ申請書の注意事項や日振協の審査基準などを、

隅から隅まで読まないと難しいです。

 

日常の業務を行いつつそれもやるのは、かなり負担になるのでは、と思います。

菅原事務所にご依頼いただければ、その負担はかなり減るかと思います。

日本語学校設立をお考えの場合は、ぜひご検討くださいひらめき

 

by Yamamoto

 

公証人さんの定年

3月3日(水)

今日は ひな祭り ですねかわいい女子が多いこの事務所にはぴったりの節句です!!

さて、今日は衝撃的な出来事がありました。

いつも定款認証をお願いしている公証人さんが来週の月曜日に定年するらしいです。

(公証人は70歳までしかできません。今日インターネットで調べました。)

公証人とは、公証人法に基づき、法務大臣が任命する人で、全国各地の公証役場で公正証書の作成、定款や私文書の認証、事実実験、確定日付の付与などを行う人。

裁判官とか検事とか法務局長を長年務めたすごい人なのです。

私の会った公証人の方はみんな優しいおじいちゃんという感じでした。

おじいちゃんだけど、とてもしっかりとした素晴らしい方たちでした。

もう会えなくなると思うととても寂しい気持ちでいっぱいです。もうやだ〜(悲しい顔)

ちなみに定款とは、会社の最も重要な規則を定めた書類です。会社を設立する時には必ず作ります。

今日は、その定款の内容を確認してもらうために原案をFAXして、電話をしたときにこの衝撃事実を知ったのでした。

しかし定款の内容は問題なかったので、無事オンライン申請に進めましたexclamation×2

by sueyoshi

 

 

 

 

第一関門(?)突破!

3月2日(火)

 

現在、日本語教育振興協会の認定申請の手続きを進めている日本語学校ですが、

本日、第一関門である、「レポート」をクリアしました。

 

これは、実際の申請をする前に、日本語学校のうちで特にクリアすべき点や

学校の概要について書類を提出し、OKが出たら本申請の手続きに移る、

という前段階のものです。

基本的にはココをクリアして初めて申請書類が手渡されることとなります。

 

稀に急いでいるからと言って、レポートなしで申請しようとする方もいらっしゃるそうです。

が、そういう方は申請が通らない場合が多いのだそうです!がく〜(落胆した顔)

申請には30万円(!)という決して安くない手数料を支払います。

認定を受けられなかった場合でも、その30万円は返ってきません。

 

きちんと段階を踏んで申請を行った方が、手間は若干かかりますが、やはり確実ですね。

 

さて、今日はきちんとレポートを提出し、OKが出て申請書をいただきましたるんるん

ここから申請書類を作成していきます。

最終的には辞書のような厚さになる書類作りの本格的なスタートです! 

 

by Yamamoto

 

 

 

プロとしての自覚と説明責任

3月1日(月)

 

個人幼稚園の学校法人化も最後のコーナーに入り、

公認会計士の監査報告を待つのみになりました。

学校法人化の前提は何度も説明してきましたが、

学校法人設立後、

土地建物が学校法人に帰属することが可能でなければなりません。

今回の場合は土地が1000u以上必要です。

但し、

多少の借地が含まれてもOK!です。

土地を個人宅と幼稚園部分に分割し、

さらに土地を整理する為に土地の交換を行いました。

これを担当したのは土地家屋調査士です。

図面は実測面積です。

第三者から見たら、実際にプロが測っているので、

登記簿上も実測面積で表記されると思っていたら、

3区分のうち1区分は実測する前の面積のまま、他の2区分は実測面積でした。

なぜ不整合なやり方をしたのか?

・・・・を問うたところ、

打ち合わせの段階で説明したとのこと。

既に不動産鑑定士に図面を送付し、

鑑定評価証明書が出来上がってしまっています。

土地の金額には影響しない程度の誤差で、1000.002u→1000.004u

わずか0.02uほどですが、

学事課は登記簿面積が基準だから差し替えて下さいとのこと。

不動産鑑定士に頭を下げて書き換えてもらう羽目に!!

素人でもわかる説明をするのプロだと思っていたのに、

チャンと説明を聞かないほうが悪いのかなー????

さらにです、登記簿が出来てきたので、

交換後の所有者名儀に変更さえていると思ってみたら、

交換前の所有者のままになっていたので、確認したら

所有者の変更は司法書士の仕事で、土地調査士の範囲外とのことでした。

不動産登記の仕事をやっているのに一緒にやれないものかとこれまた事前

説明してくれれば対処出来たのになぁーとぼやいても後の祭りです。

提出間際のミスマッチで申請日が2週間も遅れ、ギリギリの提出になりました。

必要なことを事前に説明し、

依頼者が安心して手続きの段取りを任せられるサービスに心掛けなければと!

反省させられた案件でした。

 

行政書士 菅原賢司

 

 

 

 

 

各種学校を学校法人にするためには!!

2月26日(金) 

 

りリリーン電話料理教室や英会話教室を経営しているだけど、ホームページで学校法人で検索したら

行政書士法人菅原事務所がヒットしたので、電話かけたのだが!

という嬉しい電話が今日も舞い込んできました。

電話で応対するときにはロスタイムをなくしつつ、お客様に気持ちを損なわないようにする

ために心掛けていることがあります。

お客様が条件に合う状態になっているかの聞き取りを要を得て簡潔に行い、

その可否を判断することです。

学校法人化のためには、自社所有の土地校舎を持っていることが必要です。

今回のお客様は賃貸物件だそうです。

学校法人の基準に合えば、購入したいとのことでした。

どちらで教室を開いているのですか!と聞いたら、千葉の茂原ということでしたので、

千葉県の学事課に問い合わせてください、と答えました。

各都府県によって微妙な違いがありますので、校舎の条件を確認することが必要だからです。

次に、建物の用途や構造が学校使用形態になっているかを市町村役所の「建築指導課」に

問い合わせをしていただくことになります。

車いす利用者でも通学できる形態になっていることが必要です。

エレベーターがなくっても階段に車いす用の設備を施すことができれば、用途はOK!です。

無料相談はここまでどまりです。

さらに、学校法人態様になっているかの診断は有料になっていきます。

条件の基準を適切に答えた後で、どのくらいの期間が必要ですかを必ず聞かれます。

既存施設を利用するときは通常6カ月程度で足ります。

最後にどのくらいかかりますか!と尋ねられるのですが、交通費等を含めてマックスで

100万円程度です。

ただ、内装費等の設備費や建築士の用途変更等の手続きは別途必要となります。

毎日のように問い合わせがある幼稚園、子供園、日本語学校、各種学校・専門学校

の学校法人のニーズの強さに驚かされる日々です。

 

行政書士 菅原賢司

ついに認定!

認定書 50++.gif 

2月25日(木)

 

今日は嬉しいニュースです!

去年の夏くらいから日本語教育振興協への加入手続きを進めてきた日本語学校が、

 遂に、認定されました!!ぴかぴか(新しい)

 

写真はその認定書です。

たくさんの書類を作り、補正を行い、実地調査を終え・・・

ここまで長い道程だっただけに、認定が下りた時の喜びもひとしおです。

 

今申請しようとしている日本語学校の手続きにも弾みがつきますグッド(上向き矢印)

次もこの認定書を見られるよう、頑張るぞ!!パンチ

 

by Yamamoto

 

法人の商号について

2月23日(火)

 

会社や団体が法人として認められるには、法務局に登記の申請をすることが必要です。

その際、その法人につける名称、ちょっと気を付けましょう!

 

実は、今設立の準備をしているNPOについて、先日お客様から

「〜〜@〜〜」という名称にしたい、というお話がありました。

その時はそんなに気に留めなかったのですが、NPOも、認証を受けたらその後

法人として登記する必要がある訳です。

 

とすれば、登記の際使用できない記号は名称に入れられません。

そして、『@』は商号として使用できない記号なんですね。

 

ちなみに、商号に使用できる記号は、以下の6種類のみです。

@『&』(アンド) A『,』(コンマ) B『.』(ピリオド)

C『’』(アポストロフィ) D『ー』(ハイフン) E『・』(中点)

『@』なんかは、インターネット関連の会社なんかを作る際に

使いたくなりそうですよね。

 

でも、駄目なんですね〜

気を付けましょう手(グー)

 

by Yamamoto

 

幼稚園の学校法人化よもやま話

2月19日(金) 

 

個人経営の幼稚園を学校法人経営の幼稚園としてこの4月から開講したいとの依頼を

受けて、現在その手続きを行っている最中ですが、その間いろいろ小耳に挟んだことを書きます。

某県では個人から学校法人化する幼稚園はあっても、

いきなり土地建物を所有して学校法人化する新規の幼稚園はこの数年皆無とのこと。

最近待機園児をなくすために保育園を増やすべきだとの議論が行われているので、

幼稚園も待機園児が多いのかなーと思っていたら、何と少子化の傾向で園児が減少気味だとのことです。

しかも、既に幼稚園ある地域での競合を避けるために、新規の幼稚園開設には周辺の幼稚園の同意がいるそうです。

時代が変わり時代に対応する幼稚園を開園しようと思っても、

既得事業者保護のためにその道が閉ざされているのはどの世界も同じと実感させらます。

さて、学校法人化のための園地は1000u以上であれば借地が含まれてもOK!

但し園庭部分は400u以上が必要です。

ギリギリながら今回の申請はクリアーできました。

幼稚園でも保育室がひつようですが、なんとその広さは40u以上が必要で、

保健室は職員室等に設置され、保育室ではいけないとの指導を受けました。

個人のときは許されていたのにガテンがいかない点です。細かい基準をクリアーしながら何とか4月開講には間に合いそうです。

 

行政書士 菅原賢司

登記事項証明書を取ろう!!

2月18日(水)

会社が出来上がったら、法務局から登記事項証明書という証明書が発行されます。

いわいる「謄本」というやつです。

この証明書には、

会社の商号、所在地、目的、資本金など会社の情報が載っています。

この証明書は会社で色んな契約や申請をする時に、必要になります。

例えば、事務所を借りるために賃貸借契約書を結ぶかもしれない

税務署にも届けを出さなければならない、融資を受けたい などなどです。

色々な場面で謄本が必要になるので初めに何枚この証明書を取得するか頭を悩ませます。

ただ、これらの手続きで謄本は「発行後3ヶ月以内のもの」を要求されることが多く

初めに何十枚も取得すると後々使えなくなる可能性も出てきます。

しかも一枚1000円もするので、使えなかったらとても勿体無いです。

取得する枚数は、それぞれで違ってくると思いますので、どうぞ計画的に取得されて下さい!!

By sueyoshi