春を迎えて

2015年3月13日(金)

 

有働です。

 

徐々に春を感じるようになりました。

新年度を迎えるにあたって、弊所ではスタッフそれぞれがレベルアップを図ることを目指すこととなりました。
成り行き上、私も新たな資格取得を目指すことになってしまいました。

 

弊所では昨年より、朝のわずかな時間を使っての宅建の勉強会を行っておりましたが、短期間であっさりと合格してしまった柴本さんに、皆、刺激を受けた事も一因となっているようです。

しかし、それだけではなく日々の業務の中で資格や専門知識の必要性を感じる事はとても多くあるため、知らないより、頭に入れておいた方がはるかに「楽」だということを皆が理解していることも大きな要因と言えます。

効率的な勉強で結果を出すために、まずは残業時間を削ることから始めたいと思います。

 

有働

東京都の医療法人設立申請の仮受付が終了

2015年3月7日(土)

 

有働です。

 

昨日3月6日をもって、東京都の医療法人設立申請の仮受付が終了しました。

 

これから法人設立、診療所開設、そして厚生局での指定医療機関申請を、約半年間かけて行うこととなります。
行政書士事務所という立場から多くの診療所を担当していると、見えてくるものが多くあります。

 

近年は、医療機関の経営も厳しさを増しているようで、競争も激しくなっています。
一例を挙げると、あらゆる業界において大手企業と中小企業の関係があるように、医療の世界においてもこのテーマが存在します。 そんな中、個人診療所の中でも、大きく業績を伸ばしている診療所には、地域医療への貢献に対する意識の高さと、独自のカラーがあるように感じます。

 

担当するからには、やはり強い診療所、医療法人の設立に貢献していきたいと思います。

 

有働

面談終了しました

2015年2月27日(金)

 

こんにちは。柴本です。

 

おかげさまで、来年10月開校を目指す日本語学校のお客様の

文科省面談が全て終了しました!

 

あとは、1週間以内に補正や補足資料を作成して送付をし、

結果を待つのみです。

 

事務所では、来年の4月開校を予定しているお客様が

申請にむけて続々と相談にいらっしゃっています。

 

外国の方のお客さまも年々増えています。

「日本で会社を作って企業したい」そして、「日本語学校設立に携わりたい」といった

お客さまについては

弊所では最初の一歩からサポートするよう心がけております。

 

入管法の改正も含め、今後ますます増えることが見込まれます。

 

ぜひ弊所にご相談ください。

 

柴本

 

変更手続き

2015年2月23日(月)

 

おはようございます。

柴本です。

 

今日は、日本語学校設立のその後のおはなし、変更についてです。

日本語学校においてそのかなめともいえるのが、教員です。

 

日本語学校の教員には資格保有者や、

講習の修了者などの厳しい要件をクリアしないとなれません。

特に、他の教員を束ねる役目も兼ねている主任教員は、

過去の職務経験も必要とされ、他の専任教員・非常勤教員よりさらに要件が厳しくなります。

 

そのような先生の確保が設立では不可欠ですが、

それは法務省の告示がおりて開校に至ったあとも変わりません。

 

もし先生が退職される場合は、生徒の人数にもよりますが、

通常は当然後任者の採用が必要です。

そうして生じる変更は、入管へ書面にして届出る必要があります。

 

具体的な必要書類はケースによって異なりますが、

後任者の様式に加え、

最終学歴卒業証明書や資格合格証など要件に合致していることを証明する書類などが必要になります。

 

柴本

リース契約

2015年2月20日(金)

 

有働です。

 

現在、東京都の医療法人設立申請の準備が佳境に入っています。

今週は、設立手続きにあたり必ず直面するリース契約について、簡単にお話ししたいと思います。

リース契約は、「ファイナンス・リース」と「オペレーティング・リース」に大別されます。ファイナンス・リースとは、リース会社がユーザー(借手)に代わって機器等を購入し、一定期間ユーザーに賃貸するものです。オペレーティング・リースは、それ以外のものです。一般的に前者を「リース」、後者を「レンタル」といいます。

 

リースは、借手が指定する機器等をリース会社が購入し賃貸するので中途で解約できません。

借手が全面的に利用し、購入費や金利、固定資産税、保険料など総費用の合計額( 90 %以上)をリース期間で分割して負担します。 維持、補修費用も借手が負担します。賃貸期間は比較的長期になります。

 

レンタルは、週・月の短期契約が主で、途中解約が可能です。

対象機器はレンタル会社の在庫から選択するため、高額医療機器などは対象になりにくく、事務機器などが主です。

賃借料は比較的低額で、メンテナンス費用はレンタル会社が負担します。

 

医療機関には、多くの機材がある為リースに関する知識は不可欠ですが、設立に関する仕事をすると自然と覚えてしまいます。

 

有働

3月中の提出が必要です。

2015年2月17日(火)

 

おはようございます。

柴本です。

 

来年2016年4月開校を予定している日本語学校の書類提出期限は

来月3月末日までです。

この日までに入国管理局へ書類を提出し、補正を受けなければならないので、

3月20日頃までには書類を完成している必要があります。

 

弊所では最近特に海外のお客様による日本語学校設立の相談やご依頼をよくいただきます。

また、日本語学校といっても美術系学校への入学を目的にしたものや、

よりアカデミックな進学目的のためなど、

特色ある日本語学校を設立したいといった声が増えてきました。

 

入管、文科省によるチェック体制も整ってきたなか、

今後はより細かい指摘が入る可能性が十分に考えられます。

設立ご希望のお客様は、ぜひ弊社にご相談ください。

 

柴本

春の医療法人設立申請について

2015年2月13日(金)

 

有働です。

 

東京都の第2回医療法人設立申請の期日まで残りわずかとなりました。

幣所でも現在、申請に向けての準備を進めておりますが、実際の認可日は8月下旬とかなり先の話となるため、都への申請手続き以外でも保健所・厚生局、また税金・レセプトの関係など、手を打っておかなければならない事項が多くあります。

 

特に今回の管轄保健所では、認可後に実地調査が行われることが確定しているため、これに時間を要してしまうことになれば、数日の遅れで法人としての開業が1か月ずれ込むこととなってしまいます。

この1か月の遅れは税金のみならず、レセプトの関係でも診療所にとって大きな影響があるため、我々も気を引き締めてあたらなければなりません。

 

院長である先生方は本当にお忙しい方が多く、いかにして医師の方への負担を少なくして手続きを進めるかが重要となります。

 

有働

聞き取り調査内容

2015年2月9日(月)

 

おはようございます。柴本です。

 

文科省による聞き取り調査も順調にすすみ、

残るは2月末に予定している学校1校になりました。

 

実施日によって異なる面接担当官で構成されているため

学校によって面接内容のちがいがみられました。

 

正直なところ、申請校の増加に伴い審査が厳しくなるのではと思っていましたが、

予想した通り前回の調査に比べると

かなり細かいところまで聞き取り対象になっているといった印象をうけました。


以前の面談ではここまで聞かれることなかったのになーといった箇所も数点。


とはいえ、面談後に補正の期間が設けられます。

質問に答えきれなかった部分については、

改めて文書でフォローするのも重要です。

もちろん弊所がしっかり協力します。


柴本


特別代理人につて

2015年2月6日(金)

 

有働です


弊所で担当した医療法人の取引銀行より、特別代理人についての問い合わせがありました。
借入金の引き継ぎを行いたいけれど、今回特別代理人は必要なのかという内容でした。

 

特別代理人の選任は、法人設立にあたっては、必ずと言っていいほど直面する問題で、以前このブログにも書かせていただいたので、ここでの説明は省略致しますが、金融機関もその詳細や手続き方法についてはさほど詳しく把握しておられない場合もあるようです。

今回に限らず今までにも、何度かこのような問い合わせを受けたことがありました。

 

法人設立に限らず、相続のケースにおいてもこの特別代理人は登場します。

法人設立などご検討中の方で、よくわからないという方は、お気軽にご相談ください。

 

有働

いよいよ聞き取り調査です

2015年2月2日(月)

 

おはようございます。柴本です。

 

2月が始まりました。

弊所では本日から日本語学校設立へ向けた聞き取り調査がスタートします。

 

先日詳細が文科省の担当官より送られてきました。

審査会場はもちろん、面接を担当される方のお名前もご案内をいただきました。

 

学校さんの日程によって、担当される方も異なりますが、

大学教授が中心だった前回と違って

今回は日本語学校の理事の方など、実務家中心といった印象を受けます。

 

こういったところも面接内容にも多少の影響はありそうです。

 

面接に臨む学校さんは、緊張されるとおもいます。

今まで弊所で対策してきたことに自信をもって頑張ってください!

 

柴本