北海道と福岡の医療法人設立

23年9月27日(火)

レベルの高いステージで勝負できるよう「知」を磨こう!

と言うのが合言葉になっています。

お陰様でで医療法人系の仕事も万遍なく処理できるまで成長してきました。

北海道と福岡の医療法人設立の仕事が同時に舞込んできました。

現地にフライトするのは、

成長著しい若いスタッフです。

成果は自らの手で!!

行政書士 菅原賢司

化粧品の表示・広告 校正作業

2011年9月20日(火)

本日は、先週末よりご依頼いただいている化粧品の広告・表示の校正作業を進めました。

化粧品は、法的に認められている範囲を超えた効果効能を広告等で謳うことはできません。

ガイドラインを参考にしながら、

それぞれの表現が薬事法から見て適切かどうかをチェックしていきます。

 

基本的なルールから見て適否がすぐに判断できるものもある一方、

微妙なラインのものもちらほらと。

 

効果的な広告と適正な広告。

両者のせめぎあいはまさに「葛藤」です。

 

野中

医療法人定款認可変更〜大臣認可編〜

2011/9/16(金)

 

おはようございます、今井です。

 

今週はご依頼いただいていた医療法人の定款変更認可申請がひと段落しました!

 

複雑に手続きが重なっていたため通常より長期にわたる手続きとなっていました。

 

 

それだけに感慨もひとしおです。

 

また今回は知事認可から大臣の認可へと変わるものだったので、申請書類を5部も作成しました!

なんと、A4のコピー用紙の500枚ひと束となっているのをこの申請書類のみで使い切りました。

 

恐るべし大臣認可です。

 

 

申請を終えると審査が完了するまでは若干の余裕が出来るのが医療法人手続きの特徴。

早く審査が終えないかな♪とドキドキしながら次のお仕事に向かいます!

 

 

来月初旬には神奈川県の医療法人新規設立認可申請の書類受付が始まるので、しっかり気合いを入れ直して頑張ります!!

医療法人設立認可申請仮受付〜その後〜

2011/9/9(金)

 

おはようございます、今井です。

 

本日で東京都の医療法人設立認可申請仮受付も〆切です。

この仮受付後はしばらく書類の審査期間があり、審査がある程度ついた法人さんから東京都医療法人係よりご連絡が入ります。

 

その連絡で訂正等あれば訂正等行い、12月の本申請に向け書類を煮詰めていきます。

 

このご連絡をいただくまでは少々時間がありますので、その間に本申請に向けての手順を整えておいたり、必要であれば認可後の手続きについて用意をしておくと、その後の手続きの動きが非常にスムーズになるのでおススメです。

 

とくに、開設予定日によっては保健所さんの動きが非常にタイトになることもありますので、書類を事前に作成しておくことは必須となります。

東京都医療法人設立認可申請 仮受付始まる!

2011年9月7日(水)

こんにちは、野中です。
さて、9月5日より東京都の医療法人設立認可申請週間となりました。

菅原事務所でも仮申請の書類提出を済ませ、
ひとつひとつ手続きを進めていっています。

そして東京の次は他県での申請が待っています。

申請先によって微妙に異なる取り扱いの数々。

柔軟に対応しながら、余裕をもって進めていきたいです。

株式会社による各種学校設立の可否

平成23年9月5日

 

 東日本・被災地の復興財源として、

増税により国民も相応の税負担を覚悟すべきだという意見が支配的になっています。

 

 先日菅首相から野田首相に首相が交替し、

増税の空気が一気に漂い始めました。

営業の自由が保障されている日本では、

専門分野の教育を株式会社で行なうことが出来ます。

が、

通常の会社と同じく、

消費税・法人税や固定資産税等の課税対象法人になるのは当然です。

  

  そこで、授業料等で非課税法人になると競争力が高まるのみならず、

消費税・法人税や固定資産税等が免税になるということを理由で、

株式会社から学校法人に組織変更したいという問い合わせが多いです。

 

   しかし、学校法人設立の場合には、

学校法人に土地建物を寄附すること、

学校法人を解散しても法人財産は出資者には戻らないことから、

設立の条件が厳しくなっています。

 つまり、

@土地建物は出資者の自己所有(賃貸借では不可)で、

   且つ金融機関の担保の対象になっていないこと、

A1年間の2カ月分の経常費用を現金で準備できること、

B建築基準法上その用途が学校態様(店舗・事務所では不可)になっていること等

   の要件を充足する必要があります。

 

   免税及び助成金交付を行なう代わりに学校施設の要件を

      厳しくするようになっているのです。

  

    以上に対し、福井県では下記の条件を充たせば、株式会社を認可し、学校法人

    に準じた扱いをを認めています。

     @会計処理が学校法人の基準に準じた処理で行なわれていること
     A公益性が担保されていること
     B校地校舎が継続性使用出来ること
      ⇒自己所有でなくとも、20年以上の賃借権でもOKとのことです。

 

     しかし、株式会社の組織形態のままで学校法人の恩恵を当てようとする取扱い

   例は全国的にはごくわずかです。

  

               個人の幼稚園の学校法人化を含めて行政書士法人

               菅原事務所では学校法人化を目指す方の「橋渡し」

               を積極的に行なっています。

                   

                             行政書士  菅原賢司

 

            

医療法人を設立するには・・・

2011/9/2(金)

 

こんばんは、今井です。

 

さて、本日は医療法人設立の際のお医者様側で決めていただくポイントについてのお話です。

 

医療法人設立認可申請に当たり、菅原事務所にご依頼いただければ書類作成を代行させていただいております。

 

ただ、その前提として医療法人のその内容についてはお医者様側で決めていただかなければいけない点というものがあります。

 

例えば法人名であったり、所在地・役員等ハード的な内容から、その設立趣旨・事業計画等ソフト的な内容までなかなかボリュームが生じます。

 

様々な事柄を決めていくにあたり当然菅原事務所も決定のお手伝いをさせていただきますが、基本的にはお医者様が設立されるお医者様の法人ですので、お医者様に主体となって決めていただくことが大切と日々感じております。

 

医療法人設立 もうすぐ仮申請

2011年8月30日(火)

こんにちは、野中です。

今週から9月。
東京都の医療法人設立仮申請の受付まであと少しとなりました。
書類の作成も大詰めを迎えています。

他の仕事と並行させつつ、完成に向けてコツコツ作業。
一人の目では行き届かないところも、
互いの協力でしっかりカバーしていけるのが
チームの良さですね。

連携プレーでクオリティの高い仕事を実現すること!
日々の目標であり、常に心がけているテーマです。

法人設立サイト改装中です

2011年8月24日

こんにちは、野中です。

 

現在、法人専門サイトの改装を行っています。

日本語学校、医療法人、学校法人、社会法人などの
設立認可申請に関する情報を整理し、
わかりやすいウェブサイトづくりを目指しています。

 

ホームページでご不明な点は、
お電話やメールでお気軽にお問い合わせください。

 

医療法人 書類作成中!

2011年8月16日(火)

 

こんにちは、野中です。

 

先週の医療法人設立に関する説明会@東京都庁は

意外とあっさり終わり(一時間未満!)、

現在、9月申請に向けての書類作成に取り組んでいます。

 

たとえテキストだけの書類にせよ、

「つくる」という活動は創造性を発揮できて楽しいです。

文章、整形、作業工程。工夫の余地はいくらでもあります。

 

早いもので8月ももう半ば過ぎ。

きっとあっという間に9月になってしまうので、

手際良く作業を進めていきたいと思います。