日本語学校の基本事項

2013年6月18日(火)

 

こんにちは。柴本です。

 

梅雨入りしたというのに、今日は真夏のような暑さが続いていますね。

行政書士の仕事はオフィスワークが多いようで

意外と役所やお客様のもとなど外出する機会が多いものです。

これからの季節は外回りがつらくなりそうです。

 

さて、最近問い合わせが多い日本語学校ですが、

今日は設立するための基本事項について簡単にまとめたいと思います。

 

まずは、@設置母体

日本語学校は個人でも法人でも設立可能です。

そしてA校地校舎の登記名義

登記名義=設置母体であることが絶対条件です。

B何月開校か

書類申請の関係で最短でも1年半後です。

C何クラス開きたいか。

1クラスは20名以下の必要があります。

さらに、1年めは全生徒数が100名以内の必要があります。

D残高証明

ケースによりますが、1000万〜2000万円の残高証明をとってもらっています。

 

非常におおまかではありますが、ひとつの目安にしていただければと思います。

気になる点などございましたら、弊事務所までご相談ください。

 

柴本

日本語学校 途中経過

2013年6月11日(火)

 

こんにちは。柴本です。

 

弊事務所で依頼を受けていた日本語学校4月申請の

実地調査がすべて無事終わりました。

 

管轄入管によって多少違いはありましたが

注意すべき点は同じで前回の日誌に書いた通りです。

 

これから申請書類が法務省・文科省へとあがっていきます。

 

---とその前に、今は申請書類の修正・追加の指示が入管側からきている真っ最中です。

内容は、就学という文言が法改正により留学に統一されたことによる変更

外国人登録制度の廃止によって外国人登録証明書から在留カードへの変更に伴うものなど

 

差し替え分はすべて正本1部・副本2部の3部に加え、

お客様への控え分と4部作成するので意外と大変なのです。

 

書類が文科省へいったあとには

ヒアリング(面談)が控えています。

 

まだまだ気が抜けません。

 

柴本

 

実地調査 その2

2013年6月4日(水)

 

おはようございます。柴本です。

 

梅雨入りしたとテレビでは言っていましたが

夏のようなお天気が続いていますね。

 

さて、日本語学校の実地調査ですが、

当日担当官は提出した申請書の一部である地図をもとに

学校を直接訪れます。

意外にもこの地図が大切なのです。

 

そして、申請書と照らし合わせるかたちで調査がスタート。

先日書いた通り、教室の机や椅子、黒板など備品をチェックしたり、

職員室・図書室内も見学します。

 

また、教室内の面積を実際に測定します。

ここが重要です。

教室の内部の面積によって収容できる定員、つまり、生徒数が決まります。

一人あたりの面積数を0.1でも下回ってしまうと、

生徒数を変更しなければなりません。

 

申請書作成のなかでも最も確認の必要な箇所ですが、

現地調査でも改めて確かめられるわけです。

 

ちなみに、壁などをのぞいた教室の内側の面積です。

平面図などから読み取る場合は

外側の面積ではないか、注意してください。

 

柴本

実地調査

2013年5月28日(火)

 

おはようございます。

柴本です。

 

先日日本語学校の実地調査が終わりました。

実地調査は管轄入管への書類申請後、

担当入管が日時を指定し行われます。

 

主に、校地校舎について申請書通りであるか、

備品などがある程度揃っているかを入管の担当官がチェックします。

 

学校側の出席者については

全体を把握している人であれば特に規程はありませんが、

設置代表者・校長・主任教師の出席が望ましいです。

 

それでも、少し不安というかたには

当事務所所長が立ち会うこともできますので、ぜひお申しつけください。

実際、ほとんどのお客様が立ち会いを希望されます。

 

次回は実地調査の内容について

詳しく説明いたします。

 

柴本

身分証明書

2013年5月27日(水)

 

こんにちは。柴本です。

 

見出しの通り、身分証明書にご注意ください。

身分証明書というと皆ざまは何を想像されますか?

自分の身分を証明するものだから、運転免許証・パスポート・健康保険証など・・・

 

日本語学校設立の申請の際にも設置代表者の身分証明書が必要ですが、

その身分証明書は

上に挙げたもの全て違います。

 

身分証明書という名の証明書があるのです。

後見の登記をしていないこと、破産をしていないことが証明されます。

 

つまり、銀行など普段の生活で求められる身分証明書とは違うので気をつけてください。

 

どこで発行されるのかにも、注意が必要です。

本籍地の役所でしか発行がされません。

 

当事務所ではこうした証明書の代行取得も行なっています。

わざわざ本籍地の役所まで行くのはちょっと・・・という方、ぜひご利用ください。

 

柴本

広島入管へ行って来ました その2

2013年5月1日(水)

 

こんにちは。柴本です。

 

広島入管へ行った話の続きです。

 

迷いながらも何とかたどり着いた入管は、とてもキレイな建物でした。

 

入口で簡単な手荷物検査をうけてから、中へ入ります。

日本語学校の事前相談は予約が必要で

あらかじめ指定された日時に向かいます。

担当官の方と一対一で、書類の不足がないかなどの形式的審査が始まります。

 

約2時間の時間をかけ、チェックが終わり、受付印をもらい、

その際に、用意した正本1部と副本2部の合計3冊は担当の方にお渡しします。

 

3冊なくなると、荷物がぐんと軽くなります。

後日、次のステップの現地調査を行う日にちの連絡がありました。

 

少しづつ日本語学校開校にむけて進んでいます。

 

柴本

 

広島入管に行って来ました

2013年4月26日(金)

 

こんにちは。柴本です。

 

今朝、街路樹の青々とした葉を見てびっくりしました。

新緑まぶしい季節となりましたね。

 

先日、広島入管へ日本語学校の事前相談へ行って来ました。

事前相談といっても、内容は申請書の提出なのですが、

行政側ではこれを申請ではなく事前相談と呼んでいるようです。

 

新幹線で東京から乗ること約4時間、

広島駅に到着しました。

わたしにとっては高校の修学旅行以来の広島です。

路面電車、駅前のバスの種類の多さに驚きました。

 

入国管理局までは電車・バス・徒歩のどれでも行けるのですが

時間の都合上バスを選びました。

 

途中道に迷いましたが、親切にもいろいろな人が道を教えてくださり、

本当に助かりました。

どうもありがとうございます。

 

柴本

住居表示

2013年3月11日(月)

 

こんにちは。柴本です。

 

春風・・・春の嵐と言ったほうがいいかもしれません、

花粉に悩まされる季節がやってきました。

 

事務所では空気清浄機を稼働させて、なんとかしのいでいます。

 

さて、見出しの件ですが、住居表示の実施による変更も届出が必要です。

 

例えば、医療法人における理事の変更を届出る際に、

住所が以前のものと異なっていたとします。

移転による変更ならば届出が必要なのは当然ですが、

住居表示の実施による変更も届出をする必要があります。

 

この変更届を提出しないと、理事の変更は受け付けられません。

変化の課程を順序に従って届け出ないといけないわけです。

 

さらに、この住居表示の実施による変更の届出には

市区町村長から交付される住居表示の実施に関する証明書の添付が必要です。

 

具体的には地番の変更証明書というものを市役所などから出してもらいます。

こちらは郵送による取得も可能です。

 

上記の住居表示のみならず、長い間届出をしていなかった場合

途中の手続きが抜けている恐れがあります。

その場合、全ての経過を届出てからでないと申請が受け付けられません。

 

当事務所ではそんなケースもしっかりと対応いたします。

ご気軽にご相談ください。

 

柴本

案内図を作成しました

2013年3月5日(火)

 

こんにちは。柴本です。

 

見出しの通りですが、案内図を作成しました。

なんの案内図か?

日本語教育機関までの略図といったらいいでしょうか。

 

これも立派な立証資料の一部なのです。

最寄りの交通機関(駅)からの通行路を朱書きでわかりやすく示します。

 

今回作成した日本語教育機関は駅からバスを乗り継ぐので、バス停からの略図も追記しました。

 

この仕事は図面の作成も意外と多いものです。

先日は宅建業の更新申請用に案内図と平面図を作りました。

だんだんとコツをつかみ、楽しい作業のひとつとなっています。

 

柴本

時間割

2013年2月20日(水)

 

こんにちは。柴本です。

 

今日は日本語学校設立の際に作成する時間割について

説明します。

 

事前相談のために申請書および立証資料を提出するのですが、

時間割もその立証資料に含まれています。

 

開校後にどのようなカリキュラムでどのような時間割で学習していくのか、

日本語教育の要となる部分ですよね。

 

他の日本語学校との違いを強調できる部分でもあります。

 

カリキュラム・時間割については規定がとくに設けられていないので

設立したい日本語学校の特色を存分にアピールしてください。

 

ただし、ひとつだけ注意点があります。

それは、教師の担当時間数に制限があるということ。

 

1週間あたりの授業担当数が25時間を超えないように注意をしてください。

 

今までのお客様作成の時間割を見ると内容は本当に様々で、

少し気が早いですが、実際の授業風景を想像したり、思いを馳せています。

 

柴本