学校関係

2013年10月31日(木)

 

こんばんは。柴本です。

 

日が暮れる時間が早くなりました。

1ヵ月前の今頃はまだ外は明るかったのに・・・

こんな季節は自然と帰宅までの道のりが早歩きになります。

 

今月、事務所では来年の10月開校へ向けた日本語学校の申請準備で大忙しでした。

今回、日本語学校設立を担当しているスタッフは申請当日朝5時台の始発で

 大阪入管へ向かい、午前9時30分からの申請というハードスケジュールをこなして

その日の午後には事務所に戻って、他の日本語学校の仕事に取り組んでいました!

日本語学校の申請書はが膨大で、正本・副本と2部持っていくだけでもかなりの重さ。

無事大阪入管での申請が済んでなによりです。

 

また、別件では幼稚園を運営されているお客様からの学校法人設立への申請もありました。

 

どちらも学びの場をつくるためのお手伝いです。

気を引き締めてスタッフ一同がんばります。

 

柴本

 

回答

2013年10月16日(水)

 

こんにちは。柴本です。

 

大型台風がやってきましたが、みなさん大丈夫でしたか?

葛西駅では東西線が午前中運転見合わせでしたが、

大きな被害はなく事務所もいつもどおり業務を行っています。

 

さて、日本語学校の回答を受けて現在事務所では来年10月開校を目指して

申請準備の真っ最中です。

 

新規のお客様はもちろん、先日の回答で申請が通らなかった方から問い合わせを受け

手続きを請け負ったりとなかなかの忙しさです。

 

回答の内容は以前の日誌にも書いた通りですが

「適合しない点は認められません」という消極的内容です。

また設立が認められなかった場合は、適合しない箇所をあげてくれるのですが

原則口頭での通知となります。

つまり文書ではなく、電話で入管担当官が用意された文書を読み上げるのです。

その内容を私たちが書き取って文書を作成します・・・

 

文科省からの回答というかたちで、

入管担当官はあくまでその結果を私たちに伝えるという立場のようです。

新制度に移行してからまだ日が浅いので、手探りの状態が続きますが

だんだんと実容がつかめてきました。

 

柴本

回答がありました

2013年10月9日(水)

 

こんにちは。柴本です。

 

待ちに待った日本語学校設立に関する回答が先日ようやくありました!

結果は、良い所もあれば残念な結果となるところも様々でした。

 

全体的な印象としては、文部科学省のヒアリングが行われることを受けて

より日本語教育の観点からの審査が厳しくなった感があります。

ヒアリングには現職の大学教授を中心とした専門家が審査官となるので、

そういった緊張しがちの場面で、いかに日本語教育について展望を述べることができるか、

そのためのカリキュラム作成について説明できるかが今後の課題となりそうです。

 

もちろん、専門家を前に完璧な受け答えが出来なくても仕方ありません。

ただ、作成したカリキュラムに対して何が足りないのか、どこを修正したらいいのかを

積極的に聞き取れば後日追加修正が出来ます。

 

回答の内容及び今後については、また次回に。

柴本

まだ回答がありません

2013年9月11日(水)

 

こんにちは。柴本です。

 

2020年オリンピック開催国が日本に決まりました!

プレゼンターの上手なスピーチに感動した方も多いはず。

オリンピック開催にむけてこれから、ますます国際交流が盛んになることでしょう。

 

日本語学校設立を考えている方々にとって追い風となることを期待しています。

 

さて、その日本語学校の設立申請の進展についてですが、

・・・まだ何もありません・・・

 

文科省のヒアリングを経て、入管の審査部門から通知が届きます。

それがいわゆる回答にあたるのですが、この通知もまたやっかいな点が。

日本語教育振興協会が窓口であったころは、認定書というのが送られてきて

そこにははっきりと「申請した日本語教育機関が基準に適合する」という文言がかかれていました。

ところが、窓口が入管に変わりこの認定書もなくなりました。

通知が届くことは届きますが、そこに書かれている文言も「適合しない点は認められない」

・・・なんとも頼りないものです。

 

この通知を見たお客様は皆様、本当にこれで大丈夫なの?と心配してしまいますが、

残念ながらこれ以上の通知は最終的な法務大臣の告示以外にありません。

ただ文言としては頼りないものですが、この通知をもとに生徒の募集を行うことができるのは

確かですので、この通知が届いたら日本語学校開校まであと一歩と思ってください。

 

柴本

新規のお客様がいらっしゃいました

2013年9月9日(月)

 

こんにちは。柴本です。

 

日本語学校の新規のお客様がいらっしゃいました。

日本語学校の設立のご相談に関していつもお話していることがあります。

それは、申請の時期。

入管で年2回、7月と10月に受付があります。

申請から設立までは最低でも1年かかるので、開校を予定している1年前には申請します。

 

なにがポイントなのか、それは資金の回収が少なくても1年後になるといことです。

日本語学校の申請時には土地、建物、教員の準備をしっかりとし

すぐにでも開校できるような状態で申請をしなければなりません。

申請時期は先ほど述べたように、最低1年前ですが、

設立に向けた初期投資の回収時期は当然、開校後。

また初年度から生徒の定員が満たされるとは限りません。

それを踏まえた上で資金面の計画が必要になります。

 

日本語学校を開校したいけれど、資金面について知りたいという方

ぜひ当事務所では今までの実績をもとに細やかなアドバイスを心がけております。

ぜひご相談ください。

 

柴本

もうしばらく・・・

2013年9月2日(月)

 

 

こんにちは。柴本です。

今日から9月ですが、まだまだ暑い日が続きますね。

温暖化の影響なのか、最近秋が感じられる機会がどんどん減っている気がします。

秋晴れ、満月、果物・・・・と美しい季節なだけに、早く涼しくなって秋を楽しみたいですね。

 

さて、日本語学校設立手続きのその後をご報告したいのですが・・・・

残念ながら、まだ文部科学省から回答が得られていません。

 

お客様からは「まだですか?」とお問い合わせいただくこともしばしば。

私たちもまだかまだかとくびを長くして待っている状態です。

 

窓口が日振協から入管に変わってまだ日が浅いため

はっきりとした時期がお伝え出来ませんが、

春に申請をしたケースではヒアリングをしてから回答が得られるまでに

平均で約2ヵ月ほどかかりました。

 

今回の申請ではもう少し早くなるかも・・・

そうなって欲しいと思っています。

 

もうしばらくお待ち下さい。

 

柴本

夏季休業のお知らせ

2013年8月10日(土)

 

こんにちは。柴本です。

今日からお盆休みという方、多いのではないでしょうか。

ニュースでは、新幹線での帰省ラッシュが始まったと言っていました。

 

当事務所も今年は夏季休業をいただきます。

日程は、8月12日(月)・13日(火)の二日間です。

 

お客様には大変ご迷惑おかけしますが、

よろしくお願いいたします。

 

せっかくのお休みですが、わたしの予定は空白のまま。

暑い日が続くので、外に出るのが嫌になってしまいます。

自宅で涼しく過ごすのもいいかなと思っているところです。

 

最近は医療法人設立をはじめ、日本語学校・社会福祉法人といった

さまざまな法人関係のお問い合わせをいただきます。

 

上記の手続きはどうしても長期にわたることが多く、

依頼されるお客様のほうもできるだけ早く!と希望されます。

そのためには、事前相談が重要です。

ここで大きな計画の流れをつくるので、不安なこと・要望など

重要事項をしっかりききとって今後の指針とします。

 

相談がたび重なると、かなり忙しくなりますが手は抜けません。

休み明けからもしっかりとヒアリングを行って、綿密に進めていきます。

 

柴本

 

 

はがきが届きました

2013年7月29日(月)

 

こんにちは。柴本です。

 

戻り梅雨というのでしょうか。

今年は梅雨明けがはやかった分、今頃になってお天気がぐずつくようになりました。

心配なのは、集中豪雨。

毎年のように、被害を被る人々がでてきてしまって異常気象という言葉を恐ろしく感じます。

 

事務所にはうれしいお知らせが届きました。

この時期は暑中お見舞いのお便りなど多くもらうのですが、

今年はその中に混ざって、医療法人の分院が無事開設できましたというはがきを頂きました。

 

病院内部の素敵な写真つきのはがきで

分院開設に携わった担当者も喜んでいます。

 

柴本

 

面談が始まりました

2013年7月9日(火)

 

こんにちは。柴本です。

 

梅雨明けした途端、びっくりするくらいの暑さが続いています。

まだ身体がこの暑さに慣れていないせいか、

外に出るたびにくらくらします。

今年の夏も厳しいものになりますねーー

 

さて、いよいよ日本語学校の面談が始まりました。

 

面談、面談と言っていますが正式には

「法務省告示をもって、日本語教育機関を定める際の設備・編成を調査する委員会」による聞き取り調査

と言うそうです。

なんとも長い名称ですね。

 

出席された関係者の皆様がしっかりと準備をされていたかいもあって

面談は順調にすすみました。

(行政書士はその場に出席することができないので

事前の勉強会を開きました。)

 

7月中にまだ面談の予定が数件入っています。

全てが順調に運ぶよう、まだまだ気が抜けません。

 

柴本

面談予定日が決まりました!

2013年6月25日(火)


こんにちは。柴本です。


週末を利用して、沖縄に行って来ました!

那覇は梅雨明けをしていて、夏真っ盛り。

美しい海を目の前にこんがりと日焼けをして、身も心もリフレッシュ出来ました!


仕事をまたがんばります!


さて、日本語学校の面談の日取りが決まりました。

文部科学省の担当官からメールで日時の聞き取り希望があり、

都合の悪い日を教えて下さいとのことでした。


依頼先の方に日程を確認したところ、皆様かなり忙しいようで

実際は都合の悪い日というよりも、

この日でお願いしますといった希望日をお伝えするかたちになってしまいました。


希望が通るかなーと少しドキドキしながら返事を待っていましたが、

嬉しいことに皆様が望む日にちになりました。


7月のはじめから半ばにかけて、面談が続きます。

お客様へのフォローをしっかりとしていきます。


柴本