社会福祉法人:施設設備

2014年3月5日(水)

 

こんにちは。柴本です。

 

昨日お伝えした学校法人につづき、社会福祉法人設立手続きも順調に進んでいます。

社会福祉法人設立には、

@施設設備を行う場合とA施設を伴わない場合があります。

 

@の場合は補助金を受けることができるので、

設立認可の手続きと平行して補助金の申請及び工事を進めていきます。

例えば、自分たちで保育園や介護施設を建てたいといったケースです。

 

一方Aの場合は施設は既存のものを借りるなどして行うので、新たに建てる必要はないケースです。

したがって、補助金の申請・工事は不要になります。

 

@Aどちらの場合も、福祉医療機構から低利子での融資が可能です。

従ってこの手続も同時進行です。

 

設立には様々な人が窓口となります。

施設に関する補助金担当の方、施設設置認可申請の担当の方、法人認可申請の担当の方・・・

また工事を進めるにあたっては建設業者さんや設計士さん、土地所有者の方も。

非常に多くの人とやりとりをして進めていきます。

 

設立したいけど、そんなに多くの人と詰めていく時間がない!とお思いのかた、

弊所が間に立って丁寧にサポートいたします。

ぜひご連絡ください。

 

柴本

学校法人

2014年3月4日(火)

 

こんにちは。柴本です。

 

本日は嬉しいお知らせです。

先日、学校法人の設立認可がおりました!

法人登記も無事に終わり、

晴れて今年の4月からは学校法人として新しい生徒さんを募集することができます。

 

長い道のりでしたが、嬉しい限りです。

事務所スタッフ一同大喜び。

 

今は、交通機関の学割申請の準備におわれています。

そうです、学校法人となると学割ができます。

定期など、生徒の皆さんにとっては必需品ですよね。

学割の適用も学校法人の大きなメリットのひとつです。

 

柴本

 

社会福祉法人

2014年2月25日(火)

 

おはようございます。柴本です。

 

大雪にふりまわされた2月でしたが、来週からは桃の節句や卒業シーズンの3月です。

寒い日が続いたので、春の到来が待ち遠しいです。

 

さて、今日は社会福祉法人についてお話します。

社会福祉法人設立には様々な段階をふまえていきますが、

その過程にはおよそ1年6ヵ月から2年かかります。

たとえば、平成27年4月に保育園を開校したいという場合、

要となる法人認可申請から認可取得、法人設立登記までを今年の7月から10月までに予定します。

そして法人認可取得にあわせて工事に入ります。

 

ただ、いきなり法人認可の申請をするわけではなく、

行政側との事前相談をふまえたうえで、審査会を経て申請となります。

 

以前までは社会福祉法人設立の窓口は都道府県単位の行政でしたが、

最近は市町村へと窓口が下りていき、より地域密着型へとその内容もシフトしてきています。

また、税金面でのメリットもあり、最近活発になっている分野の一つとして

弊事務所でも様々なお問い合わせ、ご依頼を受けています。

 

社会福祉法人設立にご興味のある方はぜひ一度ご相談下さい。

 

柴本

 

ヒアリング終了

2014年2月18日(火)

 

こんにちは。柴本です。

ソチオリンピックまっただ中のいま、深夜のオリンピック中継をみていて

寝不足という方も多いのではないでしょうか。

 

男子フィギュアスケートでは、初めて金メダルを獲得しましたね!

昨夜、羽生選手の特集番組をちらっとみたのですが、

そこでいわゆる練習ノートを目にしました。

一つ一つのジャンプに印をつけて、

事細かく修正すべきところや修正を試みてもうまくいかなかったところなどぎっしり書いてありました。

身体だけではなく、脳で情報や緊張を処理すると言っていましたが

こういうことかと感心しました!

わたしも見習わなくてはいけません。

 

さて、日本語学校のヒアリングが無事終了しました。

霞ヶ関で2時間程度のヒアリングで緊張されたというお客様も多かったですが

終わってほっと一安心です。

このヒアリングでは、カリキュラムに関する補正がかなり多く入ります。

だからといって、設立できないという訳ではありません。

むしろ、本格的な授業スタートに向けた専門家からの助言、と言った感じでしょうか。

実際の教育現場を意識した細かい修正が入り、授業スタートできるのです。

 

開校に向けた一番の山場をこえ、後は良い結果を待つだけです。

柴本

ヒアリングがはじまります

2014年2月5日(水)

 

こんにちは。柴本です。

 

今日は一段と寒くなりました。

通勤途中日陰では氷が張っていたり、昨日の雪がうっすら残っているところがちらほら。

信号待ちでは北風の冷たさに縮こまってしまいました。

はやく春がきてほしいですね。

 

さて、日本語学校設立に向けてのヒアリングがスタートします。

事務所では、ヒアリング対策を進めています。

聞かれると予想されること、説明を求められること、特にしっかりと説明すべきところなど、

今まで実際に質問をされた内容を含めお客様にお伝えし、準備をお願いしています。

 

前回までは、当日の面接官(主に日本語教育に携わる大学教授など)のかたのお名前が

予め日時を知らせるメールに記載されていたのですが、今回はそういったことが一切書かれていませんでした。

従って、どんな方々が出席されるのかは当日行ってみないと分かりません・・・

 

ただ、日本語教育に関する専門家が出席されることが予想されます。

場の雰囲気に飲まれることなく、日本語学校設立への意欲を説明することも一つのポイントとなると思います。

 

日本語学校設立への道のりも折り返し地点です。

お客様全員の開校を目指して頑張ります。

 

柴本

朝活始めました

2014年1月22日(水)

 

おはようございます。柴本です。

 

今日から事務所で朝活をはじめました!

題して「所長の全員合格 宅建講座」です!

始業時間時刻前、30分ほどですが、早く出勤して宅建の勉強をしています。

行政書士なのに宅建?と思うかもしれませんが、

日本語学校をはじめ法人関係の依頼のなかには

土地建物の要件のご相談も多く、宅建の知識がとても役に立つのです!

ただ、申請するだけではなく、

土地建物の実体的要件の相談にもスタッフ全員が専門家として応対するために

これからコツコツと続けていきます。

 

実は所長は宅建のプロの講師の経験があり、この手の授業はおてのもの!

10月試験に向けてのいいスタートを切りました。

 

授業の様子は録画してyoutubeにアップする予定です。

興味のある方はぜひ、見てください!

 

柴本

2014年

2014年1月6日(月)

 

明けましておめでとうございます。

 

柴本です。

いよいよ2014年が始まりました。

今日から仕事始めという方が多いのではないでしょうか。

 

休み中事務所では、大掃除&模様替えが行われスッキリ!

出社して驚きました。

 

弊事務所では、幸いにも様々な種類のお問い合わせをいただいており、

建設業、宅建業といった許認可はもちろん、学校法人、社会福祉法人から医療法人関係など扱う業種は多種多様です。

その年その年で、なんとなくではありますが流行が見えてきます。

さて、今年はどんな依頼が多いのでしょうか。

 

新しい年のはじまり、気を引き締めて頑張ります。

本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

 

柴本

出張相談

2013年12月18日(水)

 

こんにちは。柴本です。

今日も朝から寒いですね。

天気予報では関東でも夜から雪になると言っていました。

クリスマスえを迎える前に雪が降るのは珍しいと思うのですが、

12月に入ってからの寒さを考えるとうなずけます。

 

さて日本語学校ですが、10月申請の現地調査も無事に終わりました。

今後は、審査の管轄が法務省から文部科学省へと移り、

専門家を交えたヒアリング(面談)へと突入します。

が、いまはその中休みというのでしょうか。

一息ついたところで、今度は4月開校を考えているお客様のお問い合わせ・ご依頼が相次ぎました!

嬉しい限りです。

 

日本語学校の運営に新規事業として参入したいというお客様など様々いらっしゃいます。

皆様日本語学校は初めてという方が、当然ですがほとんどです。

学校や寮などの物件をこれから購入するというお客さまも。

本当にこの物件で学校として適しているの?と心配の声もあります。

そういうときは、出張相談に伺います。

建物はもちろん、周囲の環境を実際にみて、的確なアドバイスを差し上げます。

もちろん正式な依頼は、この出張相談の後でも可能です。

日本語学校を考えているけど、物件に不安が・・・というお客様は、ぜひ一度ご相談ください。

 

柴本

現地調査がはじまります

2013年11月25日(月)

 

こんばんは。柴本です。

 

週末のぽかぽか陽気から一転、今日は雲の厚いどんよりとした天気になりました。

紅葉美しい葉も乾燥した風に吹かれ、見頃を終えようとしています。

今年は秋が例年以上に短く感じられましたが、これからは本格的な冬の始まりですね。

 

さて、日本語学校の現地調査の日取りが決定しました。

今週から始まります。

遠方での申請同様、現地調査もご要望があれば所長自ら立ち会います。

教室としての機能はもちろん、図書室の蔵書など細かいところのチェックも欠かせません。

 

現地調査と平行して、提出先である入国管理局の審査担当官とのやりとりも進んでおります。

追加で必要な資料など、現地調査を一つの目安として揃えていきます。

 

追加資料のひとつとして今回あがったのが、非常勤講師の勤務先からの承諾書。

非常勤講師として、日本語学校開校後(1年後)に就任する予定の先生について

他に非常勤としてでも勤務しているところがあれば、そこから日本語学校開校した場合、

非常勤として日本語学校に勤務することを承諾するという内容の書面が必要です。

 

非常勤の掛け持ちというケースですが、今の開校前の時点で承諾をもらわないといけないのです。

 

柴本

 

着々と進んでいます

2013年11月18日(月)

 

おはようございます。柴本です。

 

今朝は少し冷え込みがおさまりました。

とはいっても、これが例年並みなのでしょうか。

10月の真夏のような暑さや、11月の真冬の冷え込みで

すっかり通常の季節感というものがわからなくなってしまいました・・・

 

先日、学校法人設立をご依頼頂いているお客様から、さつまいもを頂きました。

なんでも運営をしている幼稚園の園児たちが収穫したものとのこと。

わたしも幼稚園の頃は芋掘りをしたなーと懐かしい気持ちになりました。

 

学校法人設立にしろ、社会福祉法人の設立にしろ、

管轄の行政担当官とのやりとりを密に行う必要があります。

役所まで足を運ぶことも多く、それに加え、幼稚園など実際の現場視察も欠かせません。

現在ご依頼いただいているお客様の中には遠方の方もいらっしゃるので

そうした場合は上記やりとりもちょっとした旅行となります。

 

緑の多い良い所だった、美味しいパン屋さんがそばにあるなど

現地の嬉しい情報も少しずつ増え、スタッフみんなで話に花をさかせたり。

 

10月申請の日本語学校の現地調査もそろそろです。

着々と進んでいます。

 

柴本